2006年12月17日

FX<外国為替証拠金取引>仕組み

次は、FX<外国為替証拠金取引>の仕組みについて
調べたので、書いていきますー(長音記号1)

FX<外国為替証拠金取引>は、少ない資金で大きな取引ができる!!という特徴があり、『保証金』という仕組みによって成り立つ物です。

これは、外貨を売買する為に保証金を担保にして、必要なお金を借りるということです。

この仕組みがあるため、少ない金額で、大きな金額の外貨取引が可能になっています。

FX<外国為替証拠金取引>で損をしたらどうなるか??

外国為替レートは常に変動しており、値上がりすると思って買った通貨が値下がりすることもあります。この場合、為替差損を被ることになります。

FXの場合、投資家はレバレッジというものをかけて運用します。
このレバレッジを高めにすると、利益が大きくなる代わりに、損失も大きくなるということ。レバレッジを高めるほど、FXのリスクは高まっていくのです。

強制的に取引が終了されてしまったら、大きな損失を被ることになります。損失を回避するために、自分の見通しがはずれたと感じた時には、早めに取引を終了させて、損失を少しでも小さく抑えるようにしないと危ないようです。

外国為替証拠金取引ならコメックス
posted by 新米主婦日記 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FX(外国為替証拠金取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。