2006年12月06日

商品先物取引ってどんなもの??

ここで、商品先物取引ってどんなものか、
について調べてみましたsoon

@商品先物取引は、将来の一定時期に受渡しを行うことを約束する取引です。取引に決済期限があり、決済期限は商品によって違い、最長の商品で1年
になります。

A株式市場、その日の株価を決めています。工業資源など、商品の先物取引を行っている商品先物市場では、最長で1年先の将来の商品の価格を、需要や供給の見通し織り込んで、今の現状で決めています。これが先物価格といいます。

B商品先物取引では、買付け時点の先物価格と現在時点の先物価格にそって差額を精算することで取引を終了させることが可能で、これを差金決済といいます。決済方法の主流です。

商品先物取引をよく理解して、スキを見つけだすことが
一番の近道になるのではないですかねかわいい
posted by 新米主婦日記 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

商品先物取引について

『商品先物業界』

今までの、商品先物業界といえば、危ない、怖い、など、悪いイメージばかりでした。でも、近年インターネット取引が普及しさらに、委託手数料の自由化という法改正がありましたかわいい

インターネット取引の普及により、顧客が意思で
取引を行えることになったのです時計

@人的トラブルが一切無い

従来の商品先物業界では、電話による注文等が主流で、内容の違い等のトラブルがありましたが、ネット取引では起きません。もちろんパソコン操作ミスなどのトラブルには、気を付けていく必要はありますね。

Aインターネット取引

いつでも、売買注文が出せて、
情報を収集し、自分で計画を立て取り引きできます。

B手数料が安い

メリットは人件費や建物のコストが抑えれるということ。
先物会社も手数料を下げ易くなりました。手数料を気にしなくて良いなど、
これは、大きなメリットですね。

C先物会社選び

・売買委託手数料の取引はいくら掛かるか?
・証拠金の保全はどのようになっているか?
・口座維持費・口座開設費・証拠金などのコストはいくらか?
・質問等に答えるサポートはどうなっているか?
・営業時間や注文方法、取引ツール、システム体制はどうなっているか?

などのようです晴れ
posted by 新米主婦日記 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品先物取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。